上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
初めまして。

ゆっけです。
滋賀県在住の新米ライダーです。

この度KAWASAKI Ninja250R(11年モデルエボニー)を購入しました。
こいつがうちのちびくろ君です。
Ninja_20101205154602.jpg

このブログは、ちびくろことNinja250に乗って全都道府県を制覇するまでの軌跡です。
末永くお付き合いください。
そして誰か僕をツーリングに誘ってください。



つーわけで早速琵琶湖一周してきました。



☆ルート

出発→R1→湖岸道路→R8→R336→R303→R161→R287→湖岸道路→R1→帰宅


本当は9時には出発の予定が、起きたら10時
急いで準備して10時45分に出発。


南草津で給油した後、草津から湖岸道路に入り8号線にぶち辺るまで爆走。
とりあえず今回の昼飯ポイントである琵琶湖食堂を目指します。


問題はこの食堂、ラストオーダーが1時半。
初めての道、慣れないバイク、日曜で渋滞する国道。
どう考えてもヤバイ。

最悪今回はマックだな…なんて泣きそうになりながら飛ばしてたら…。

DSCF00672.jpg

着いたー!
琵琶湖ツーリングの定番(らしい)琵琶湖食堂です。
時間は1時25分。超ギリギリ。

写真の他にもツーリングのグループが何組か。
一人テーブルに腰掛けていると、皮ジャン着たお兄さんに「ツーリング中?良かったら一緒にどう?」と声を掛けられて意気投合。

なんかいいなぁ!この感じ!
バイクのことはまだなーんも分からん僕に、ツーリングの基本や楽しむコツなど色々教えてくれました。
ありがたや。


さて本題のお食事。
名物とりやさい鍋を注文。

来たのがこれ↓

DSCF00632.jpg

白菜やべぇ。
中身はどちらかというと「やさい鍋(とり付)」って感じです。
味噌味がすんごい美味い。
シメのうどんも( ゚д゚)ウマー!

とりやさい鍋:680円
うどん玉:160円

なかなか良心的。



腹も膨れて、いざ北へ。
途中間違って逸れたR336で一服。

DSCF00682.jpg

良い景色じゃ。

すぐ近くでウィンドサーフィンやってる大学生が。
この寒いのにようやるわい…。

湖岸を逸れて、R303→R161→R287

本日の第2観光ポイントである、琵琶湖最北端の街路樹100景メタセコイア並木へ

DSCF00712.jpg

どや。って感じで撮ってますが、この先にもっとちゃんとメタセコイアが茂ってる道がありました。
カメラ小僧が大量発生していて綺麗な写真が撮れそうになかったのでスルー。

夏か紅葉の季節にくるともっとすんばらしい景色が見えたそうです。
食堂でメタセコイアを見に行くことを伝えると、「あと1月早かったら綺麗だったのにねー」って言われました。
その頃まだバイク持ってなかったです(´・ω・`)


この辺りから気温がガンガン下がり始め、温度計は7℃。
カットソーにウインドブレーカーとカッパっていう舐めた格好だったために、たまらずコンビニに避難。

体を温めて今度はひたすら南下。
体を伏せればほとんど風はうけません。フルカウル万歳。


30分ほど湖岸道路を南下すると白髭神社に到着。

DSCF00752.jpg

琵琶湖に何の前触れもなく佇んでいます。
「近畿の厳島」と称される白髭鳥居です。
今までも琵琶湖でキャンプした時とかに通ってるはずなんだけど、なんの印象にも残ってなかった。
ちゃんと近くで見ると中々の迫力。そして神秘的。

DSCF00802.jpg


あとは、琵琶湖大橋でおもいっきし横風を受けてトラックに突っ込みそうになった以外は何事もなく無事帰宅。

総走行距離 190km


☆まとめ

慣らしが終わってもっとバイクに慣れたら、夏にもう一度回りたいです。
風車村とかブルーメの丘が綺麗らしい。メタセコイア並木の本気モードも見たいしね。

ああ。バイクってこんなに楽しい乗り物なのか。
車だとすぐに通り過ぎてしまう風景も、バイクに乗っているとすごく新鮮に感じます。
多分車で1周とか退屈すぎて寝ると思います^q^

なんでもっと早く買わなかったんだろう。
これから就活始めたら満足に乗れなくなるんだろうなぁ…。多分乗るけど。

あと、いく先々でバイク乗りの先輩達が声をかけてくれます。みんな優しいです。
コーヒー奢ってくれたおじさまのRC8が格好良すぎた。いつの日か買おう。

とりあえずは5年ローンで買ったこのちびくろを大事に大事に走っていこうと思います。


さぁ次はどこへ行こうか。

日本制覇まであと46都道府県
スポンサーサイト
2010.12.22 Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。